お知らせ ビープラウド、機械学習・データ分析の問題をオンライン学習サービスPyQにて提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月

28

Functional and Reactive Domain Modeling 読書会 第20回

Scalaによるリアクティブなモデリング作法を学ぶ会

ハッシュタグ :#functionalreactive
募集内容

参加枠1

無料

先着順
2/10

イベントの説明

Functional and Reactive Domain Modeling 読書会 第20回

概要

Functional and Reactive Domain Modeling の輪読会第20回を開催します

対象者

  • Scala、ドメイン駆動設計(DDD)、関数型・リアクティブプログラミングに興味のある方
  • 主催者はScala歴1年程度でDDDの知識もほぼ0です。初学者の方にも気軽にご参加いただき、ともに学んでゆける会になればと願っております
  • 途中の章からの参加も歓迎いたします

用意していただくもの

進め方

  • 各章のセクション単位で担当者を決めて発表してもらう形式です。
  • 担当者以外の方も、該当章を予め読んでおいてください
  • 各章で学んだ内容について、皆で軽くディスカッションや知見の共有などできればと思います

スケジュール

日時 内容
0 10/07(Fri) 1.1 What is a domain model?
1.2 Introducing domain-driven design
1 10/21(Fri) 1.3 Thinking functionally
1.4 Managing side effects
1.5 Virtues of pure model elements
2 11/11(Fri) 1.6 Reactive domain models
1.7 Event-driven programming
1.8 Functional meets reactive
3 11/25(Fri) 2.1 Why Scala?
2.2 Static types and rich domain models
2.3 Pure functions for domain behavior
4 12/02(Fri) 2.4 Algebraic data types and immutability
2.5 Functional in the small, OO in the large
5 12/14(Wed) 2.6 Making models reactive with Scala
2.7 Summary
3.1 The algebra of API design
3.2 Defining an algebra for a domain service
6 01/13(Fri) 3.3 ~ 3.3.5
7 01/23(Wed) 3.3.6 Repositories and the timeless art of decoupling
3.3.7 Using lifecycle patterns effectively—the major takeaways
3.4 Summary
8 02/08(Wed) 4.1 Patterns—the confluence of algebra, functions, and types
9 03/01(Wed) 4.2 Basic patterns of computation in typed functional programming
4.2.1 Functors—the pattern to build on
4.2.2 The Applicative Functor pattern
10 03/15(Wed) 4.2.3 Monadic effects—a variant on the applicative pattern
11 03/29(Wed) 4.3. How patterns shape your domain model
4.4. Evolution of an API with algebra, types, and patterns
4.5. Tighten up domain invariants with patterns and types
4.6. Summary
12 04/07(Fri) 5. Modularization of domain models
5.1 Modularizing your domain model
5.2 Modular domain models—a case study
13 04/21(Fri) 5.2.4 Modularity encourages compositionality ~
5.6. Summary
14 05/10(Wed) 6 Being reactive
6.1 Reactive domain models
6.2 Nonblocking API design with futures
15 05/19(Fri) 6.3. Explicit asynchronous messaging
6.4. The stream model
6.5. The actor model
16 06/02(Fri) 6.5.1. Domain models and actors
6.6. Summary
7 ~ 7.6
17 06/16(Fri) 7.7 ~ 8.1
18 06/30(Fri) 8.2 Separation of concerns
8.3 Event sourcing (events as the ground truth)
19 07/14(Fri) 8.4 Implementing an event-sourced domain model (functionally)
20 07/28(Fri) 8.5 Other models of persistence
8.6 Summary
9. Testing your domain model

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

tkqubo

tkqubo さんが Functional and Reactive Domain Modeling 読書会 第20回 を公開しました。

2017/07/19 14:10

Functional and Reactive Domain Modeling 読書会 第20回 を公開しました!

グループ

終了

2017/07/28(金)

19:30
21:30

募集期間
2017/07/19(水) 14:10 〜
2017/07/28(金) 21:30

会場

株式会社Oneteam会議室

中央区銀座3-11-6 銚子ビル 4F

株式会社Oneteam会議室

管理者

参加者(2人)

applideveloper

applideveloper

Functional and Reactive Domain Modeling 読書会 第20回 に参加を申し込みました!

jkugiya

jkugiya

Functional and Reactive Domain Modeling 読書会 第20回 に参加を申し込みました!

参加者一覧(2人)

キャンセルした人(1人)